庭

枝を切って木を成長させる│剪定は業者にお任せする

木の根ごと抜くには

切り株のイラスト

庭に生えている木が邪魔という人は、伐採して木を切り倒しますがその時に木の根が残ってしまいます。この木の根を処理する作業のことを抜根といい、これを行なう際はいくつか注意することがあるのです。小さな木ならば個人で抜くことができますが、大きすぎると簡単に木の根を抜くことはできません。ですから、ショベルカーのような重機を使用して抜根をしないといけないのです。その後に抜いた木の根を処分するためにトラックで運び出すという作業をしましょう。ですから、大きな木の場合は抜根などの作業を行なってくれる業者に依頼することが大切です。業者に依頼しないといけない理由は他にもいくつかあって、それは木の根を抜くことで様々な被害が発生してしまうからです。地面には水道管が埋めてあって、それに木の根が絡まっているや自宅を支えている箇所に絡まっているという問題があります。そのような状態の時に強引に引っこ抜いてしまうと、水道管を破壊したり家の基礎が割れたりするという被害が発生するでしょう。それによって、水道管の修理代や家の修復のための工事代などを支払わないといけません。周辺にある設備を壊されないようにするためにも、専門家に任せて作業を行なってもらう必要があるのです。木の根の絡まり具合によっては、抜根ではなくその木の根を枯らすという特殊な作業を行ないます。枯らすことで簡単に取り除くことができて、そこから新しく芽が出てくるということもないでしょう。