庭

枝を切って木を成長させる│剪定は業者にお任せする

周りにある木を育てる

木

森林にはたくさんの木が生えていますが、木が増えすぎると効率良く成長することはできません。木々を成長させるためには間伐という木を間引く作業を行なう必要があります。間伐はたくさんある木の中でも、周りにある木を切り倒して成長を促すという作業のことをいうのです。木は成長するとどんどん枝を伸ばしますが、隣の木が邪魔になると枝葉を伸ばすことができなくなるでしょう。間伐をすればお互いを邪魔することなく、問題なく成長することができるというメリットがあるのです。木を成長させる以外にもメリットがあって、木の根や地面に太陽の光を当てることができます。木を間引かずにそのままでいると、枝葉しか光合成をすることができません。そうなってしまうと、木の根を成長させることができず細長い木になってしまうのです。そして、地面に光が当たらなければ下草は生えてこないので光が差さない薄暗い森林になってしまいます。木を切ることによって森林全体の成長を促すことができますから、間伐は森林のためにも欠かせない作業といえるでしょう。間伐は森林を成長させるためだけではなく、土砂崩れなどの災害を防ぐためにも必要なことです。下草が生えてこなければ雨水は全て土が吸ってしまうため、地盤が緩くなってしまい土が流れ出してしまうでしょう。それだけではなく、細長い木だと土と一緒に流されてしまう危険があります。森林を成長させることは、災害を防ぐことにも繋がりますので定期的に木を間引くという作業は必要なことです。